しっぽり明朝B1 Regular

26
しっぽり明朝B1 Regular

フォントの情報

分類・収録文字

    • 無料・フリーフォント
    • 明朝体
    • Webフォント
    • ひらがな
    • カタカナ
    • 漢字
    • 英字
    • 数字
    • 記号

メーカー・著作権所有

ライセンス

このフォントが使えるサービス

※当サイトは有料・フリーフォントを目的別で検索できるサイトです。各フォントは個人的にご紹介しているものですので、購入やダウンロードは販売・配布サイトでお願いします!

用途によっては「使用不可」「商用利用不可」「別料金」の場合がありますので、必ず販売・配布サイトで最新の「利用規約・使用許諾範囲」をご確認ください。

※濁点・半濁点つきのひらがな・カタカナ・ハートマークや異体字・別字形が収録されています。堂捺餡様の外字簡単入力ツールでコピーできます。

ファミリー

  • しっぽり明朝B1 Regular

    しっぽり明朝B1 Regular

  • しっぽり明朝B1 Medium

    しっぽり明朝B1 Medium

  • しっぽり明朝B1 Semi Bold

    しっぽり明朝B1 Semi Bold

  • しっぽり明朝B1 Bold

    しっぽり明朝B1 Bold

  • しっぽり明朝B1 Extra Bold

    しっぽり明朝B1 Extra Bold

通常

※「B1」は墨だまりの処理が施されています。

Webフォントの組見本

あのイーハトーヴォの
すきとおった風、

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。

一、遁げた山羊

五月のしまいの日曜でした。わたくしは賑やかな市の教会の鐘の音で眼をさましました。もう日はよほど登って、まわりはみんなきらきらしていました。時計を見るとちょうど六時でした。わたくしはすぐチョッキだけ着て山羊を見に行きました。すると小屋のなかはしんとして藁が凹んでいるだけで、あのみじかい角も白い髯も見えませんでした。

カテゴリ検索

有料・無料選択

「有料・フリーフォント」のカテゴリ

「有料フォント」のカテゴリ

603 fonts